重要なキーパーソンとなる不動産査定時の担当者について

不動産売却をするさい、キーパーソンを挙げろと言われたら、間違いなく訪問査定をしにきた営業マンを挙げます。
理由は、いろいろとありますが、やはり業者としてファーストコンタクトする人間となるため、ここがいい加減だと、信用できません。
したがって、このような答えになるわけです。

今回は、そんなキーパーソンの不動産業者の査定士について触れていきたいと思います。

多くの場合が長い付き合いとなる担当者

業者によって対応は異なりますが、査定士がそのまま売却まで担当する営業マンとなることが多いです。
したがって、嫌でも長い付き合いになるため、気に入った方でないと、なかなか厳しいモノがあります。

やはり、大きな額が動くだけあって、絶対に妥協したくありません。
しかし、人間関係が上手くいかないと、精神的に疲れてしまい妥協をしてはいけないところを妥協してしまい、納得のいく売却ができないことに繋がってしまいます。
現に、こういった失敗をしてしまった方は非常に多くいらっしゃいます。

したがって、不動産査定を行っている最中、査定額だけに注目するのではなく、必ず査定士の振る舞いにも注意することをオススメします。

何度も紹介しているスターツビタットハウスも、この辺りは重々承知しているため、訪問査定を行う営業マンには、徹底した教育がなされています。
もし気に入らなければ遠慮なくクレームをいれましょう(無闇に行うクレーマーにならない程度にですが)。

もしそれでも気に入らなければ担当者を変えることも可能なため、査定額には納得いったけど担当者が嫌だという場合は業者側に相談するのも1つの手になります。